恐竜渓谷ふくい勝山ジオパーク

時代の流れを刻む、恐竜渓谷ふくい勝山ジオパーク

ジオパーク時空旅行プログラム勝山のジオパークには、恐竜がいた頃の時代から現代まで、あらゆる時代を感じ体験できる場所が数多くあります。それはまるでタイムトラベルをするかのような貴重な体験です。ぜひ一度勝山観光ジオパークを訪れて、時空を超えたタイムトラベラーになってみてはいかがでしょうか。

福井県立恐竜博物館

恐竜の時代
1億2千万年前
  • 福井県立恐竜博物館
  • 恐竜化石発掘現場

法恩寺山

第四紀火山時代
260万年前
  • 法恩寺山
  • 経ケ岳
  • スキージャム勝山
  • 大矢谷白山神社(巨大岩塊)
  • 池ヶ原湿原

縄文遺跡等資料室

縄文時代(縄文文化)
1万年前
  • 縄文遺跡等資料室
  • 三室縄文遺跡

平泉寺

中世の宗教都市
1300年前
  • 白山平泉寺
  • まほろば

七里壁

小笠原藩の時代
300年前
  • 街並み(七里壁)
  • 勝山左義長まつり

ゆめおーれ勝山

近代繊維産業の歴史
140年前
  • ゆめおーれ勝山
  • 繊維工場群(近代化遺産)
  • えちぜん鉄道勝山駅
  • 旧料亭 花月楼

福井県立恐竜博物館(黒川紀章設計)

平成の建造物
現在
  • 福井県立恐竜博物館(黒川紀章設計)

恐竜・恐竜化石

「福井県立恐竜博物館」は当ジオパークが誇る展示・教育・研究施設です。約4,500m²という広大な展示室に、40体以上の恐竜全身骨格をはじめ千数百点の標本、ジオラマなどが展示されており、自然系博物館としては全国トップクラスの年間70万人以上の来館者があります。この博物館がある「かつやま恐竜の森」内に「どきどき恐竜発掘ランド」があり、年間2万人以上の子どもたちが化石発掘体験に参加しています。
また、勝山市北谷町にある恐竜化石発掘地では、約1億2千万年前の前期白亜紀の地層が実際に見られます。

火山と火山活動

第四紀火山である法恩寺山、経ヶ岳一帯を舞台として、地球規模の地殻変動や火山活動などが学習でき、高原からの眺望もすばらしい雄大なエリアです。西日本最大級のスキーリゾート「スキージャム勝山」(通年型リゾート)などを拠点として、柱状節理が観察できる滝や露頭などの地質遺産を巡ることができます。山麓では、経ヶ岳の山体崩壊に伴う「岩屑(がんせつ)なだれ」によって運ばれてきた巨大岩塊が見られます。

九頭竜川などの河川とその地形

河岸段丘や伏流水の湧水など、福井県一の河川である九頭竜川水系の地質遺産、地質事象と勝山の人々のくらしとの関わりを体感できるエリアです。国の近代化産業遺産である旧機業場を体験型ミュージアムとして再生した「はたや記念館 ゆめおーれ勝山」などを拠点として、約20数kmにわたって断続的に続く段丘崖(総称して「七里壁(しちりかべ)」と呼ばれています。)や、生活用水などに使われてきた「大清水(おおしょうず)」と呼ばれる伏流水の湧水を巡ることができます。

恐竜渓谷ふくい勝山ジオパーク

ジオツアー に関するお問い合わせ