樫ヶ壁(かしがかべ)

樫ヶ壁(かしがかべ)観光

平泉寺町壁倉から大野市花房の方向に続く高さ約50m、延長約1.2㎞の断崖は、地元の人からは「樫ヶ壁」と呼ばれています。経ヶ岳火山の岩屑なだれによって流れ下った岩屑なだれ堆積物で形成されている壁です。一旦は、その岩屑なだれ堆積物が九頭竜川の河床を埋め立て、その後、九頭竜川に大きく浸食されたものと考えられます。

住所 〒911-0826 勝山市平泉寺町岩ケ野(付近)
勝山市観光まちづくり株式会社

勝山の観光スポットに関するお問い合わせ